アントシアニンを摂取して目の疲れを吹っ飛ばそう|効果がある栄養素

喜ぶ女の人

赤紫の色素の健康効果

サプリメント

赤紫の食物に含まれる成分

現在注目されている健康成分の一つに、アントシアニンがあります。多くのメーカーがサプリメントを販売しています。アントシアニンとは、植物に含まれる赤や紫の色素のうちの一つです。スミレの花びらや、食物では赤しそ、ナス、紫いも、紫キャベツなどの鮮やかな紫の成分や、ブルーベリーやクワンベリー類の赤や紫の色が代表的なものです。アントシアニンは現在、様々な効力がある健康成分として注目されています。体内で抗酸化物質が増えるのを抑制したり、筋肉疲労を抑える働きがあるとされています。また、コラーゲンを安定化させる作用があるとも言われています。さらに毛細血管を保護し、強化させる作用があることも分かっています。糖尿病性網膜症を防ぐなど、非常に多岐に渡る効能があります。

目に与える良い健康効果

また、アントシアニンが眼にいいことが、最も広く知られています。目が見えるというしくみは、目の網膜にあるロドプシンという紫色の色素に光が当たることで生じる信号が脳に送られることで「見える」という認識になるのですが、ロドプシンは眼を酷使することで生成が追いつかず減少していきます。減少したロドプシンの再生成を促す働きがアントシアニンにあると言われています。眼精疲労から回復しやすくし、下がりかけた視力が回復したという例もあります。夜暗いところで眼が見えにくくなることを鳥目といいますが、ビタミンの不足などが原因です。この場合も、アントシアニンを摂取することで鳥目の解消になったということも報告されています。